読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネット偽善者でもいいじゃない

悩んでるなら面白いマンガ読もう

CodeStudy javascrip練習問題19-2

CodeStudy javascript

19-2

絶対値の問題

11と-8の絶対値を求め、答えをその順に配列に代入し、output()で出力させましょう。

単純に表示させるだけなら

var number1 = Math.abs(11);
var number2 = Math.abs(-8);
var array = Array(number1, number2);
output(array);

 で出力結果は[11, 8]となる

今回のように、短い配列の場合はこちらのほうがコードも短くて済む

 

 

しかし、このままでは余りにも長い配列に対して

number3, 4, 5 ... i みたいな感じで永遠に追加していかないといけないので

どんな配列に対しても書き直しが少なくて済むようにする。

関数その2、無名関数2を参考にしてargumentsを用いた書き方↓

 

var makeArray = function() {
var result = [];
for(var i = 0; i < arguments.length; i++) {
var Abs = Math.abs(arguments[i]);
result.push(Abs);

}
return result;
};
var resultArray = makeArray(11, -8);
output(resultArray); 

 

これなら、makeArrayの中身を増減させるだけで結果を反映させることが出来る。

 

広告を非表示にする